<< 余談コラム | main | 第2話|素人のSEO対策(失敗) >>

スポンサーサイト

0
    • 2013.01.19 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    第2話|一般のお店で購入しずらい商品を扱う(失敗)

    0
      ドロップシッピングを第1話のとおり、一旦は辞めたが、
      心の中で諦めきれない気持ちがあった。

      そして、2009年10月頃に重い腰を上げて、
      第1話で述べてきた、「一般のお店で購入しずらい商品を扱う」ことにした。

      ある特定のアダルトグッズを取り扱うことにしたのだ。

      そして、広告に掲載した。
      アダルトグッズについては、YAHOOでは規約上掲載できない。
      したがって、GOOGLEで掲載を始めた。

      妻には少々冷たい視線を浴びながらも、「確かに売れやすいかも」と同意はしてくれた。
      だが、「人には言えないなあ」とつぶやいていたのを今も覚えている。


      広告に掲載したところ、1日か2日に1個ぐらいのペースで売れる結果となった。

      そして、1週間後にアダルトではないが、それに近い使い道のある可能性がある別の商品
      扱うことにし、広告に掲載した。

      2つのHPを掲載した結果は、みすぼらしいHPであったが、1日にどちらか1個は売れることと
      なった。

      ここで、大きく失敗した点がある。

      それは、売れるということに喜んで、ひたすら、いろんなキーワードで広告を出し始めたのだ。
      そして、なるべく上のほうに広告を掲載するには、1クリックの単価を高くしなければならない。

      1クリック20円で、1日3000円を限度に出品した結果が以下だ。

      2つのホームページで、
      売り上げ30万円、利益3万円、広告費9万円、純利益はマイナス6万円

      結局、大きくマイナスになってしまった。

      これについても、家族には言えない。
      翌日売れた分の利益は確かに銀行に振り込まれたが、
      GOOGLEからクレジットカード決済で、9万円引き落とされる結果となったのだ。


      ここで得た結論は以下である。

      アダルトのような一般のお店で買えないものを扱って、広告を出して売れたとしても利益は出ない
      なぜなら、ドロップシッピングは素人でも参入しやすいので、独占的に売っていくことは不可能。
      したがって、広告ではなく、クリックされても費用がかからない、通常の検索で上位に表示しなければならない。



      引越し費用料金

      スポンサーサイト

      0
        • 2013.01.19 Saturday
        • -
        • 23:34
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>
        PR
        selected entries
        archives
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM